オイルクレンジングで黒ずみが悪化する?

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎる?

オイルクレンジングの功罪

普通にお店においてあるクレンジングは、たいてい肌に強い負担をかけます。

 

その理由は、メイクが油分になじませないと落ちないから。
その油と水をなじませるために、クレンジングには界面活性剤が含まれています。

 

界面活性剤は、その質と量によって肌へどれだけの負担をかけるかが変わってきます。
メーカーによる違いはありますが、タイプによって、または肌につけている時間によって、肌への負担も大きくなるのです。

 

毛穴による黒ずみがとくに気になる人は、
肌を傷めない、こすらなくても落ちるクレンジングを選ぶのが鉄則です。

 

なぜなら、肌への刺激・負担が肌を傷めることになるだけでなく、ますます毛穴の黒ずみが目立つようになってしまうから。
クレンジングを選ぶなら、ダブル洗顔がいらないマイルドタイプを選ぶようにします。

 

メイク落としのタイプと特徴

刺激最強

シートタイプ 界面活性剤を多く含むため刺激が強く、肌をこする刺激がシミの原因になることもある

 

リキッドオイルタイプ 界面活性剤が多く含まれ、肌への刺激が強い。さらっとした液状のため肌を強くこすってしまいがちに。

 

刺激普通

ジェルタイプ 普通肌でスタンダードなタイプ。
摩擦せずに短時間でスルッと落とすことができるタイプがおすすめです

 

刺激やや少ない

クリームタイプ 肌に優しく、バランスがよい。肌への摩擦が軽減されるよう洗い流しタイプがよい

 

ミルク 低刺激だが水分が多く、ファンデーションとのなじみがよくないため、肌をこすってしまうことも

 

刺激最弱

炭酸タイプ 肌の上でとろけて勝手にメイクを浮かすので、こすることによる刺激がなく、肌に優しい

 

まとめ

洗いすぎによる肌の傷み、乾燥が毛穴をいため、黒ずませる原因にもなります。
毛穴だけでなく、シミ・しわなどの将来への備えのために20歳を超えたら肌への刺激が
少ないクレンジングへ変えましょう。

 

トップへ戻る