シミを消すってどういうこと?メラニン色素とクレンジングの関係

シミの正体はメラニン色素。でも普通のメラニンは垢になって自然に落ちるんです

シミを消せるクレンジング?騙されないシミとクレンジングの知識

年齢とともに肌にはいろいろなトラブルがでてきますが、一番の嫌われものはシミです。

 

40代女性に聞いた肌の悩みアンケートの1位はシミを消したい、シミを隠したいといった内容でした。

 

そもそもシミはどうやってできるのかというと、日々浴びている紫外線が原因だったのです。

 

シミは紫外線から肌を守るためにできる

紫外線を浴びると肌が黒くなるのは、紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素を分泌させているからです。

 

紫外線は肌の奥に届くと細胞のDNAを傷つけてガン化することさえあるのです。

 

シミをできないように予防するには日焼け止めをこまめに塗ること

しかし、日焼け止めを塗っておけばメラニン色素の代わりになって、紫外線から肌を守ることができます。

 

同時にメラニン色素を作り出す必要がなくなるので、シミ防止にもなるのです。

 

できてしまったシミは肌のターンオーバーとともに垢になって消える

もしもメラニン色素が分泌されたとしても、若い健康な肌であればシミにならずに消えるのです。

 

日々新しい皮膚細胞が内側から生まれているので、メラニン色素が分泌された細胞は肌が生まれ変わりにあわせて外側へ排出されるので、最終的には垢となって落ちるのです。

 

シミとなって残るには真皮という肌の深い層にできてしまったもの

ところが肌が乾燥していたり、年齢によって腹の生まれ変わりに時間がかかるようになると、メラニン色素が皮膚の深い層に落ちてしまってシミになります。

 

年齢による違いとは、20歳をすぎれば誰でも肌のターンオーバーが遅くなってくる、ということです。20歳の頃は28日周期で生れ変わっていた肌も、40代になれば生まれ変わりの期間が約40日かかります。

 

この間にシミが真皮の中に入ってしまうのです。

 

真皮にあるシミはどんなにあらっても落ちないし、肌が荒れると濃くなる

実は、真皮の細胞は表皮の細胞と違って外にでていきません。

 

この奥に入ったシミめがけてゴシゴシ洗顔したり、美白クリームを塗ったとしても効果はありません。

 

それどころか、摩擦による新しいシミを生み出すことになるのです。

 

クレンジングだけでシミは落ちないし摩擦すると違うシミが増える

摩擦によるシミについては、こちらのページに書いていますが、シミは紫外線によるものだけでなく肌の行き過ぎたお手入れによっても生み出されてしまいますあ。

 

深い層のシミはレーザーなどの美容外科、皮膚科でとる

シミには種類があり、肝斑と呼ばれる種類であればトラネキサム酸という薬を飲むことで薄くすることができますし、一般的にはレーザー治療で消すことも可能です。

 

ただし、一度消すことができても紫外線にさらしたり、いつまでも肌を摩擦するようなスキンケアを続けていたのではシミが再発してしまいます。

 

スキンケアで大事なことは摩擦しないこと。ダブル洗顔しないでも落ちるクレンジングを選ぶ

シミを繰り返さないためには、できる限り肌への摩擦負担を減らすことが重要です。

 

クレンジングは最たるもので、濃いメイクをごしごしこすっているようでは肌によくありません。

 

するっと落ちて、肌のうるおいは残すような40代にあったクレンジングを選んでください。

 

くすみを洗い流すクレンジングシミやくすみが気になる人におすすめ。アテニアスキンクリアクレンズオイルの詳細はこちらをクリック
くすみを洗い流すクレンジング

 


 

クレンジングでシミが落ちる、などといった商品が意味がないこと、お分かりいただけましたか?

 

今すぐにどうにかしたい!という気持ちはだれにでもあるのですが正しい知識をつけて、シミを増やさない、摩擦しないスキンケアをしていきましょう。

 

トップページへ戻る