毛穴が気になる人のための除毛

毛をとるとき、肌は必ず傷つきます

毛穴の黒ずみが気になる人は、そこから生えている毛自体も気になったりしますよね
いろんな除毛方があるけど、実際一番いい方法って何なのでしょうか?

 

脱毛エステのエスティシャンに聞いてみました。

 

 

おすすめの除毛方法はプロに任せること

自己流の脱毛・除毛はどんな方法でも必ず肌を傷つけています。
しょっちゅう毛を抜いたり剃ったりしているひとの肌はかなりのダメージが蓄積しています。

 

一番いいのは伸ばしっぱなしですが、女子にそれは無理ですよね
やはり肌のダメージを一番低く抑えられるのはプロが行う脱毛です。

 

毛抜きで抜くより電気シェイバーがおすすめ

表面で短くする「剃る」方法と、毛穴から引っこ抜く「脱毛」
これって、「脱毛」の方が皮膚に対してはるかにダメージが大きいと知ってましたか?

 

見た目は「脱毛」の方がスッキリするのですが、「抜く」というのは肌の一部を引きちぎっています。
毛は、毛根にある毛母細胞で作られながら上へ上へと伸びていきます。
毛母細胞には血管から酸素と栄養が送られて、細胞分裂を繰り返しています。

 

毛根の部分で、毛は生きています
成長期の毛を抜くということは、生きた細胞を引き裂くということです。
なので、痛みもでるし、血もでます。(けがをしているような状態)

 

毛穴の中には菌があるので、裂かれた部分から皮膚の中へ菌が侵入。そこから皮膚トラブルへと発展することも少なくありません

 

毛根を引き裂くなら、毛自体を剃っていたほうがまだダメージが少ないのです。

 

知っておきたい毛のトラブル

毛嚢炎(もうのうえん)

毛穴が膿んだり炎症を起こす。顔にできる毛嚢炎をニキビ、体にできるのを毛嚢炎と呼んでいるが基本的には同じこと。

 

炎症性色素沈着

毛嚢炎を起こしたとき、跡がシミとして残ること。

 

埋没毛(まいぼつもう)

毛抜きによって、毛穴に傷ができて、傷が治るときに毛穴がふさがってしまうようになり、次に生えてきた毛が毛穴から出られずにもぐったままになること。
放置すると炎症を起こして毛嚢炎を起こすことも。皮膚を破って毛を出し、抜いても次の毛も同じようにふさがることがあります。

 

瘢痕化(はんこんか)

傷がつくと、修復するために新しい皮膚がでてきます。その新しい皮膚のことを瘢痕といいます。
これは、元の皮膚よりも固くなります。繰り返し毛抜きをする人は、皮膚が傷つきだんだん硬くなって、結果皮膚がよれたり毛穴がハッキリと目立つようになることも。

 

脱毛でトラブルが起こったら、迷わず皮膚科で診察してもらいましょう。
顔の皮膚は非常に薄くてデリケートです。

 

また、脱毛・除毛をした日は炎症を防ぐように冷やすなどの処置をして、保湿ケアを十分に行ってください。
クレンジングや洗顔はゴシゴシ摩擦しないように注意しましょう。

 

トップへ戻る